FC2ブログ
*「当サイトはAmazonWebサービス利用サイトです。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新機動戦記ガンダム W DVD COLLECTION 1

新機動戦記gundam W DVD COLLECTION 1
矢立肇

発売日:2000-06-25
おすすめ度 ★★★★☆
売り上げランキング:13493


1995年から1年間放送されたgundamシリーズの一作。前作「機動武闘伝Ggundam」に続き、本作も従来の「機動戦士」シリーズとは異なる世界観に基づいている。
アフターコロニー195年。地球圏統一連合が軍事力でスペースコロニーを制圧。それに対抗し、一部のコロニー居住者がオペレーション・メテオと呼ばれる反乱作戦を開始。主人公の少年・ヒイロもその中でgundamに搭乗し、地球へと落ちる。そして事情を知らぬまま彼にひかれていく少女・リリーナ。コロニー、地球対宇宙移民、仮面をつけたライバルなど、gundamならではのアイテムを散りばめながらも、続々と登場する美少年キャラと、非常にハードなストーリー展開で幅広いファン層を獲得した作品。TV版の後日談もOVA及び映画で発表された。(田中 元)

★★★★★ 2007-01-10 3大gundamの一つ
私はΖ世代だが、これは作品のクオリティ・影響度・認知度の観点から3大gundam(1st、Ζ、そしてW)の一つと言って良い傑作だと思います(∀も好きだけど3大とまではいかないかな、総集編的な意味合いもあるので)。



まず戦争に巻き込まれていつの間にか主人公がgundamに乗り込むという、マンネリな展開ではない、主人公がテロ行為で戦闘を仕掛ける側、という斬新な展開が素晴らしい。しかもその背景にあるのは、行き過ぎた巨大組織に対して局地的な抵抗を仕掛けるという、なんとも現代の世界情勢にマッチしているというか・・。



局地戦で強いgundamも戦略的では微力。

故郷(コロニー)に裏切られた後のパイロット達の自分探しの旅。

トラントやブントのエゴ。

戦争を起こす人間自身の責任と、モビルドール概念(戦闘の自動化・無人化)への警告。

完全平和は理想論ではあるが、結局は大きな犠牲が必要なこと(平和の難しさ)、等等・・。

一見オーバーアクションに見える(エンタメとして見せているのだろう)本作品に実に多くの普遍的なテーマがつまっている。



モビルスーツ等メカは作品Ζgundamと甲乙付けがたい程、カッコ良いと思う。特にトールギスは優秀。音楽も作風とマッチしていて良かった。サブキャラ(ノインやサリィ、サーカス団長、カトルの親父、ギンター代表、名もない兵士等)も非常に味があって良い。「美少年モノ」と見る前から切ってしまうのは実にもったいない。



現在30歳を越えた私だが、未だにこの作品を棚から取り出してくるとワクワクする。こんな素晴らしい作品に出会えて俺は幸せである。そして友人や職場の先輩・後輩達に堂々と言っている、「俺は、gundamWが大好きだと!(もちろん他のgundamも好き)」。

★★★★★ 2007-01-01 用はバランス
一部ではこの作品は「内容が薄い」とか「腐女子系」と言われていますが、「内容が濃い」=「ターゲット視聴者の面白い」では無いと思います。理ずくめな内容でまともなセリフしかしゃべらないアニメというのは果たして面白いのでしょうか?

完全にそういう物を求めているのであればハナから地上波で夕方放送していたアニメを見るほうが間違ってると言いたいです。

TVアニメにおいて、もちろんメッセージ性やテーマというのも大事ですが、用はエンターテイメントとして見た時のバランスが大事なのではないかと。その点においてこの作品は非常に素晴らしいと思います。



あと、この当時ですでにヤオイやツンデレ(特にEDの歌詞がウケる)等の要素をほとんどすべて盛り込んでいるというのが逆にすごい。もっともこの作品やEVAがハシリなのでしょうが。

ヤオイやらBLやら腐女子やらツンデレが今これだけ氾濫してるのは、そんな設定や展開に「面白い」と感じてしまった人が多かったからこそ、これだけ氾濫しているのではないでしょうか。



はっきり言ってこのアニメは「面白い」です。

★★★☆☆ 2006-12-12 独特な感じ
私はファースト世代なので、この作品をgundamとしては受け入れにくかったのですが、訳あってお気に入りの一つになりました。
訳とは、私がドイツにいた頃に現地での放送を見てしまったからです。
ドイツでの放送だから、もちろんドイツ語の吹き替えです。これがものすごく作品に合ってたんですね。ドイツ語版があったら是非他の方にも見ていただきたいです。てゆーかドイツ語版、私が欲しいです。

★☆☆☆☆ 2006-12-06 話が破綻していて、現実味が皆無
当時から言われていたが「腐女子狙い」があからさま。台詞の使い方がキザで見てるこっちが恥ずかしくなってくる。羽の過剰演出などが逆に冷める。

泥臭さとカタルシスが無いのが致命的。まだGのほうがマシかもしれない。あれも賛否両論が激しいが、あの熱さが逆に今までのgundamとまったく違うのを作ろうとしているんだなと分かる。

これはgundamとは呼べない作品を「作ってしまった」という感じ。

★★★★★ 2006-11-24 できてるほうだ
ストーリーもそれなりにできてるし、戦闘も多くそれでいて適度にカッコイイし、いいと思う。SEEDよか全然マシです。一緒にするのが失礼。

>>もっと詳細を見る


>>DVDboxが安いのはこちら
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。